月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| --年--月--日 | スポンサー広告 | 編集 |

確定申告に必要な書類について

確定申告に必要な書類


最後に、確定申告する場合に必要な書類についてお話しておきますね。



確定申告を行う場合、その申告する内容によって必要となる書類は異なってきます。


まず、何をおいても大切なのが、仕事先からもらう源泉徴収票や支払調書です。


これは、あなたの源泉徴収税額を証明する大切な書類ですので、


必ず必要となってきます。


ただし、仕事先で所得税の源泉徴収がなされていない場合には、


発行されないケースもあるので確認してください。


次に、必要経費の領収書です。


これは決算書や収支内訳書に金額を明記し、

領収書は一定期間手元に保存しておく義務があります。


それに、公的年金などの申告には、公的年金等の源泉徴収票の原本が、

退職所得を申告する場合には、退職所得の源泉徴収の原本が必要です。


また、控除される項目で、

小規模企業共済等掛金控除を受ける場合には、

支払った掛金の証明書、

生命保険料控除を受ける場合には、

保険会社からの払込証明書が必要となってきます。


医療費控除についても、

医療費にかかった領収書や医療費の明細書が必要書類となりますが、

書類に金額を明記し、領収書は一定期間手元に保存しておきます。


いずれの場合にせよ、普段から領収書等をキチンと整理して保存しておくこと。


これが必須事項だと思います。


面倒くさがらずに、実行することです。


かなりの手間がかかってくるのが、

家屋を購入した場合に、(特定増改築等)住宅借入金等特別控除、


いわゆる住宅ローン控除を受ける場合です。


最初の年だけ確定申告が必要となります。

住宅借入金等特別控除額の計算明細書

家屋の登記事項証明書

請負契約書の写し

売買契約書の写し

などを提出する必要があります。


もし、揃える書類に不安な点があるようでしたら、


事前に税務署に確認しておきましょう。
スポンサーサイト
Copyright (C) 確定申告と青色申告の賢い使い分け. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。